どうするの?葬儀終了後の段取り

葬儀の手続き

ある葬儀屋は、通夜も告別式も行わない葬儀プランを出しています。
その値段は10万円をきます。
10万以下で葬儀が行われるのであります。
まあ、市町村に頼めば、無料で遺体を埋葬できるが、それは最後の手段であります。
ちなみに火葬料は2万から5万円であります。
火葬料の一般的な値段はこれくらいだと思うが、いったい火葬料に上下などあるべきなのでしょうか。
これは火葬をする時間帯で値段の差があるのでしょう。
通夜が終わってすぐの時は料金が高いのでしょう。
ちなみに通夜を行わない葬式を、直葬と呼びます。
その他に一日葬というものもあります。
一日葬は、直葬に告別式が付きます。
一日葬の値段は20万円くらいであります。
お葬式には料理の費用もあります。
お葬式でふるまう料理であります。
訪ねる人が多ければ馬鹿にならない金額になります。
その他に香典の香典返しもあります。
これも馬鹿になりません。
自分の身内が死んだら、まずあたふたしてしまうでしょう。
だから前もって準備が必要であります。
しかしこれが祖父やら親戚などならまだ話は楽であります。
実の父親、実の母親、自分の子供、自分の兄弟が死んだら、まず第一にあたふたしてしまうでしょう。
しかしよくある話であります。
交通事故で死んでしまうかもしれません。
ガンなども恐ろしいです。
階段でころんでぽっくりというのもあります。
この世の中は何があるか分かりません。
だから、自分の葬式、身内の葬式は、少し考えてみた方がいいと思います。
それと葬式代、お墓代は残しておかねばなりません。
最近、生命保険で、死亡の時に見舞金が出て、お葬式代も保障してくれるというのがありました。
たしか100万円を上限として支払われます。
100万円は大きいです。
その保険に入っていて、亡くなると100万円入ってくるのであります。
しかしそれは葬儀代の費用であります。
他の使い道は出来ません。
最近は高齢化社会です。
どんどん寿命が上がってきます。
しかし死ぬ時は死にます。
そしてそれがいつだか分かりません。
死ねばどうにかなると思うが、残された身内があたふたします。
葬式代だけは残しておきたいです。
古いドラマでは老婆が必ずこう言いました。
地獄の沙汰も金次第です。
葬儀においては実際の話であります。
余命宣告というものがあります。
あなたはあと何歳で死にます、というものです。
大変つらいことだが、ガンになったりするとこれがあります。
昔この余命宣告をテーマにいろいろドラマが作られました。
余命間もない人が、家族からちやほやされ、余命が短いことに気付きます。
そういうドラマをよくやっていました。
最近はガンではなく特殊な病気という設定が多いです。
余命宣告です。
一番悲しい話であります。

オススメのサイト

Copyright (C)2017どうするの?葬儀終了後の段取り.All rights reserved.