どうするの?葬儀終了後の段取り

お葬式の種類

世界には色々な葬儀があります。
日本では火葬が一般的であるが、世界にはその他様々な葬儀の方法があります。
まず土葬があります。
土葬は色々な国で見られ、日本もかつては土葬が主流でありました。
その他に水葬というものあります。
水に流すのであります。
中国のチベットの方では、鳥葬というものあります。
鳥葬というのは、死体を草原に置き、鳥に死体を食べさせるのであります。
ただ、この鳥葬は見るととても残酷であるかのように見えるから、鳥葬で検索して、画像を見ない方がいいと思います。
非常にシリアスな画像であります。
日本の江戸時代には、戸板流しというものもありました。
死体を戸板につけて川に流すのであります。
昔は死体遺棄という罪はなかったのでしょう。
ただ死体を放っておいたら、役人が何か言ったでしょう。
ある話があります。
火葬場の話で、死体を釜に入れて焼くのであるが、まだ生きているのに焼いてしまうという話がありました。
その他に、土葬の話であるが、埋めた後に生き返って地面から出てくるのであります。
これはたまにあるそうであります。
人間は死んでもしばらくしたら生き返る可能性もあります。
死体が夜の冷気で生き返ってしまうのであります。
怖い話であります。
あるポップソングにゾンビが出てくる歌があるが、まさにそれであります。
ただしゾンビと思ってやっつけてはいきません。
夜の冷気で生き返っただけであります。
もともとゾンビというものは100パーセント想像であります。
死体は筋肉が硬直して動くわけがないです。
ただ死んでから間もない時は生き返る時もあります。
キリストの聖書に、キリストがある死んだ息子を生き返させる話があります。
息子よ、起きなさいです。
そう言うと死体が生き返ります。
これも死体が生き返ったというより、もともと仮死状態で生きていて、何らかのショックで生き返ったのだと思います。
一週間息をしなかったら、確実に死んでいるでしょう。
もうその頃には体の腐敗が始まっています。
ただ火葬場で焼け死ぬのだけは嫌です。
土葬で生き返る話があるなら、火葬で生き返る話もあります。
ただこれは誰も分かりません。
焼け死んでしまうからです。
これだけは嫌であります。
僕は遺書に、火葬をするならちゃんととどめを刺してから火葬をするようにと書こうかな。
これでは二回死んでしまうことになります。
悲惨なものであります。
日本の火葬は国土が狭いためでありましょうか。
ヨーロッパなどは土葬が多いイメージがあります。
よく墓場荒らしということを映画などでやっています。
ゾンビの話も、もし火葬でやったらゾンビなど出るわけにもいかないです。
アフリカなどは水葬が多いらしいです。
その他に、風葬というものもあります。
ある場所に遺体を置いておいて風化を待つのであります。
いろいろな葬儀があるものだと思います。

オススメのサイト

Copyright (C)2017どうするの?葬儀終了後の段取り.All rights reserved.