どうするの?葬儀終了後の段取り

葬儀の費用

この前、母親に頼まれ、葬儀の費用を計算しました。
うちの父親が少し危なくなってきているのであります。
痴呆状態が進行しています。
そして心臓にも問題があります。
計算したところ、80万円でありました。
これはかなりリーズナブルな計算をしました。
近くの葬儀場のウェブページを見て計算したのだが、葬儀に呼ぶ人の数を20人にして、余計なものを一切省いたら、80万円でありました。
僕の住んでいるところではこの80万円以下で葬儀は行えないでしょう。
しかし身内が死んだら、葬儀だけでは済みません。
お墓のこともあります。
納骨堂は安いです。
50万円以下で納骨堂に骨を納められます。
納骨堂は市営のものもあるのではないですか。
安い納骨堂なら10万円くらいで骨を納められます。
お葬式代80万円、納骨堂代50万円です。
うちの父親が死んだら、130万円の出費であります。
ただこれは安い値段であります。
日本全国の平均だと、葬儀代200万円、お墓代300万円で、トータルで500万円かかるのではないですか。
もちろん香典のお金も入ります。
香典のお金はかなり大きいです。
だから計算が難しいです。
ただ安く済ませようと思えば、葬式代お墓代で、100万くらいで済みます。
ただ生活に困っている人は、市町村に頼むことも出来るらしいです。
市町村にちゃんと遺骨を納めるところがあり、そこにお金のない人は骨を納めます。
有名人のお葬式は1000万円以上でありましょう。
しかしその分香典も多いです。
ただ、計算は難しいでしょう。
香典返しもあります。
うちの両親は父親がまず逝くでしょう。
体調が悪いのであります。
母親は目を少し悪くしていて、それを考慮に入れなければ、体調はいいです。
葬式代の値段は、下は10万円、上は1000万円以上です。
お墓代も同じです。
ただ一切無料でも出来るでしょう。
死体をそのままにしていたら、死体遺棄になるからです。
非常手段としてお金がなかったら、市町村に相談すればいいです。
無料でやってくれるはずであります。
ただ、あまりいい納骨堂ではなく火葬場もあまりよくないです。
死ぬ時に葬式代は残したいものであります。
安く済ませようと思えば100万でいいと思います。
死んだらあの世にお金は持っていけません。
ただ僕はいいお墓に入りたいという願望はあまりません。
よく聞く、空から遺骨を海に散布なんていうのも僕はいいかなと思います。
中国の元首相の周恩来さんも空から遺骨を散布した人であります。
僕もそれがいいな。
ただ飛行機代も安くはないでしょう。
たぶん遺骨の散布の飛行機は、ちゃんとそれ専門にあって、ちゃんと業者があるのでしょう。
僕は死ぬ間際になったら親族に言うつもりであります。
Copyright (C)2017どうするの?葬儀終了後の段取り.All rights reserved.