どうするの?葬儀終了後の段取り

おじいさんのお葬式の思い出

お葬式の思い出は、おじいさんの葬儀を思い出します。
父親方の祖父で、会社で働いていて、風呂場で転倒してクモ膜下出血を起こし、長い間寝たきりでありました。
一度祖父の見舞いに行いました。
何もしゃべらずただ寝た切りの状態でありました。
いわゆる植物人間であります。
僕はもうそろそろ人生の後半戦に向かうから、死ぬ時は植物人間になったら、延命措置を行わないでくれと頼もうかと思っています。
植物人間になったら、よく分からないからであります。
ひそかに苦痛があるかもしれません。
これは植物人間になった人しか分からないでしょう。
ただ一回植物人間になって、また意識が戻る人も少ないです。
僕は植物人間になったら、もう死にたいです。
あまり意味がないからです。
そのおじいさんの葬式は、植物人間になって2、3年経って行われました。
死んでしまったのであります。
お葬式は実家で行われました。
親族が集まりました。
葬儀台の前には遺体が白い箱に納められており、僕は一度拝顔しました。
安らかな死に顔でありました。
このおじいさんは生前に悪いことをあまりしなかったらしいです。
お経が唱えられ、お葬式はしめやかに行われました。
ただ、その葬儀のお経は、念仏であったが、僕の家族は違う宗教をしていて、そちらのお経を唱えていました。
そういう場合はしょうがないでしょう。
通夜は僕は出なかったです。
まだ小学生の頃で、親戚の家で眠っていました。
そのあとは親族で火葬しお墓に納骨したのでしょう。
僕の家とおじいさんの家は宗教が別で、それでおじいさんの生前も少し揉めていました。
僕は宗教はどんな宗教でもいいと思います。
ただ新興宗教は別です。
昔からある宗教なら、どれも正しい宗教だと思います。
でなければ歴史から消えるからであります。
僕は、念仏宗も好きです。
真言宗も好きです。
曹洞宗も好きです。
ただ僕は、宗教は信仰しません。
ある一つの概念に捕らわれたくないのです。
しかし僕の葬儀はちゃんとした宗派で葬儀をやってもらいたいです。
今のところ念仏宗で行ってもらいたいです。
あまり理由はないです。
葬儀は葬儀会社が行うが、その時、どの宗派で葬儀を行うかが聞かれます。
ちゃんと自分の家の宗教の宗派で行ってもらおう。
ただ新興宗教はどうなのでしょうか。
まだ歴史で淘汰されていないのです。
新興宗教には正しい宗教もあるでしょう。
ただ後々になってみないと正否は分かりません。
みんなの意見によって、その正否が分かるでしょう。
創立100年を越えていない宗教は、ちゃんと考えを聞かないと分かりません。
歴史があまりないからであります。
正否の付けようがないです。

オススメのサイト

Copyright (C)2017どうするの?葬儀終了後の段取り.All rights reserved.